ストーリー戻る

もしも大切な人が残虐な事件により、一瞬にしてあなたの前からいなくなったら・・・
復讐しますか? 裁判しますか?世界で最も安全と言われるここ日本。 2020年「復讐法」という法律が制定される。国で定められた法律に
則って罪を犯した犯罪者を、被害者、もしくは親族により制裁を下すというもの。中学校敦師を務める
高橋康之はこの法律に反対だった、少し前までは・・・

それは愛する妻、泉がある小寺諒という見知らぬ男により一瞬にして自分の前からいなくなったのだ。
この事件の犯人・小寺への怒りを抑えられない康之は「復警法」に則りの自らの手で犯人へ制裁する道を
選び、復讐の場所である孤島へ向かう。

ちょうどその頃、過激な環境保護団体「アースウィング」のリーダー風祭とメンバーが無差別テロの犯人
として捕まる。またこの男たちも、「復讐法」により、被害者たちの親族により復讐されようとしていた。

さまざまな「憤怒」「怨恨」による関係をもつ被害者と犯人の間で今、凄惨な復讐劇が繰り広げられる
ことに・・・そして、さまざまな事件の被害者と犯人が複雑に絡み合った人間関係と復讐の連鎖が更なる悲劇
が待ち受ける。はたして、康之は無事復讐を遂げることが出来るのか?
『復讐法』のルール
  ①場所は太平洋上の孤島、蛇岩(じやがん)島に限る。
  ②制限時間は18時間。
  ③復讐者には、武器、食料、GPS等が与えられる。
  ④犯人は丸腰で、位置情報を知らせる発信機を装着。
  ⑤ここでは、誰が誰を殺傷しても罪にはならない。
  ⑥受刑者は、立ち入り禁止区域に入ると地雷が爆発する。
  ⑦時間内に復警が果たせなければ、犯人は無罪放免となる。