イントロダクション戻る

日本映画界に名を馳せる山田悠介話題作「復讐したい」が遂に映画化
多彩なキャスト&クリエイターによる心の奥底をえぐり取られるかのような
ノンストップバトルアクションムービーが完成!
中高生が選ぶ「一番好きな作家」(2012年全国学校図書館協議会「学校読者調査」より)に堂々の1位に
獲得した山田悠介。現在まで映画、ドラマ、舞台と様々なメディアで実写化がされており、「復讐したい」
で映画化は21作目となる。本作は山田悠介氏の特徴である「設定の妙=“犯罪者を、被害者の親族が自ら
の手で制裁を下すという復讐法”」と「過激なアクション描写=“強い怒りをもった復讐者によるノン
ストップガンアクション”」が遺憾なく発揮され、中高生を中心に支持され、現在までに文庫本を合わせ
て25万部以上の販売を記録し、ファン待望の映画化が実現!

原作の過激な世界観をスクリーンで再現するために、多彩なキャスト陣が集結。新婚の妻を殺され復讐
を誓う主人公•高橋泰之を東海エリアで人気を集め、今、東京や大阪まで進出する勢いの男性グループ
「BOYS AND MEN」のリーダー水野勝。そしてその妻と更に犯罪者の二役を演じるのは、今、演技派と
してまたモデルとしても注目を浴びている高橋メアリージュン。更に「BOYS AND MEN」からは「仮面
ライダー鎧武/ガイム」で人気を博した小林豊や田中俊介、田村侑久、本田剛文、吉原雅斗、勇翔など
が主軸として出演。その他、海東健、神保悟志、岡田義徳など演技派俳優や歌手•女優として活躍してい
]る上野優華も参加。

そして、剥き出し人間の本性が複雑に絡み合う人間ドラマ+ノンストップなバトルアクションを遺憾なく
表現するために、2014年、単身フィリピンに乗り込み、撮影したアクション映画「デスマッチ」が沖縄国
際映画祭で上映され、高く評価された室賀厚を脚本・監督として迎え、今までの以上の過激な山田悠介
ムービーが出来上がった。

さらに、本作は映画を彩る音楽も充実! 14年に結成15周年をむかえ、人気、実力ともに揺るがない地位
を築いたロックバンドROTTENGRAFFTYの新曲「P.I.L」とヴィジュアル系とも、ラウド系でもない新たな
ジャンルを切り開くlynch.の新曲「BEAST」を映画としては異例のW主題歌として起用。 
さらに!さらに!本編で流れる劇中歌も人気、実力ともに話題のアーティスト&バンド8組の楽曲を採用。
映画としては異例ずくめの映画音楽になることは間違いない。

劇場公開は2016年2月25日(土)~東海エリア先行公開、2016年3月5日(土)~全国ロードショーを予定